会社について

会社について

沿革

弊社は1974年に学習塾として創業。同年に家庭教師派遣部門を設立し、以来40年以上、札幌の小中高生の学力向上に尽力して参りました。

個別指導北大コーチの設立は、2008年になります。家庭教師の付加指導サービスとして始まりましたが、学習塾単体として通いたいという声を多くいただきました。そして2015年、専門の個別指導塾として内容を充実させ、新規開校に至りました。

2017年5月現在、小中高生約50名の生徒が通塾しており、活気あふれる学習塾となって参りました。
新規開校以来の数年で、北高、国際情報高、月寒高、開成高校、平岸高など、進学校に合格する生徒を送り出しております。定期試験の得点が上がった結果、最初の志望よりも高い高校に合格する生徒が多いのも特徴です。当塾がこだわる「教えない指導」、つまり知識の詰め込みに頼らない指導が成果を残しているものと考えております。

2018年の3月、生徒23名全員が第一志望の高校に合格しました。今年も多くの生徒が、入塾時よりも1ランク・2ランク高い高校を受験しており、東西南北高校・旭丘高校・月寒高校など、上位進学校に合格することができました。どの生徒も目標に向かって邁進した結果であり、これも「教えない指導」の成果の一つとして、私たちが目指す塾の形にまた一歩近づけたものと自負しております。

これからも北大コーチは、地域に根ざし、子どもと共に成長し続ける塾を目指して参ります。

北大コーチの歴史

1974年4月  白石区に学習塾、北大錬成会を創業
1974年10月  札幌で初めて家庭教師センターを設立
1984年8月  家庭教師センターを塾から独立させる
1988年5月  家庭教師センターを現在の北18条駅前に移転
1994年10月  北大家庭教師センターに社名変更
2003年4月  派遣教師総数10,000名を突破
2008年10月  付加指導サービスとして、個別指導 北大コーチを設立
2013年10月  創業40周年
2015年3月 北大コーチ新規開講、塾単体としての機能を強める

代表から

北大家庭教師センター、代表取締役の吉村幸博と申します。

私たちは、札幌で初めての庭教師派遣センターとして1974年に創業し、地域密着で40年以上の実績を重ねてきた老舗企業です。そして4年前から、家庭教師派遣で培ったコーチングのノウハウを活かし、塾部門として【個別指導北大コーチ】を立ち上げました。

北大コーチの目標は「自立心を持つお子さん」を育てることです。これから変革する大学入試において、ただ覚えるだけ、言われたことをするだけの勉強では歯が立たなくなるからです。自分で考え・実行し・また結果から次の行動を改善できる人に育てることで、目の前の受験や社会に出た時に通用するよう、立派に成長させたいと考えています。

私たちの教育にかける想いを、3つのお約束として次に掲げます。ぜひご一読ください。

お約束その1

私たちは、安易に答えを教えることはせず、お子さんが自分で考える力を養います。
先取り指導で学習の興味を促し、苦手意識を持たないよう導きます。

お約束その2

私たちは、自ら進んで勉強に向かう学習習慣を身につけさせます。
正しい勉強の仕方を示し、規則正しい生活を送ることのできる学習環境を整えます。

お約束その3

私たちは、お子さんが将来の目標を持てるよう支援します。
中学・高校・大学への進学に留まらない、人としての自立心を成長させます。

会社概要

社名有限会社 北大家庭教師センター
創業1974年10月
代表者吉村 幸博
資本金5,000,000円
電話0120-816-359(フリーダイヤル)
011-728-2345(一般電話)
事所〒001-0017
札幌市北区北17条西3丁目2-16 木村ビル2F
(北大家庭教師センター事務局・北大コーチ教室併設)
事業内容小学生・中学生・高校生を対象とした学習指導
教室での個別指導、ご家庭への教師派遣

私たちについて
私たちが考える教育
教室長から
会社について
アクセス・ご連絡