学習システム”eコーチ”

18万ページ・100万題の学習データベース。

北大コーチで使用している特別な学習システム、その名も「eコーチ」

膨大な学習データベースに収録されているのは、18万ページ・100万題にもおよぶ膨大な量の問題。その中から自由自在に問題を選んで解くことができます。

小・中・高といった学年や、国・数(算)・社・理・英といった教科、学校の予習復習・定期対策・受験対策など、目的や要望、学習状況に合わせた勉強が実現します。

etore-con

問題演習サイクルで学習量を増やす。

北大コーチの「問題演習サイクル」は、専任講師の適切なアドバイスのもと教科や単元を選び、個別に問題プリントが印刷されます。プリントは自分で考えて問題を解いて、なぜその答えになるのかすぐに見直します。

ecoach

このサイクルの特長は、とにかくたくさんの問題に触れることです。たくさん問題を解くから、解くスピードが上がる。解くスピードが上がるから、同じ時間でもたくさん勉強できる。たくさん勉強できるから、それだけ成績が上がるのです。

「成績は学習量に比例して上がる」というの考えのもと、受け身の講義形式の授業では決して実現のできない、圧倒的な学習量を実現します。

スモールステップ学習で学習効率アップ。

eコーチの学習システムは、無理なくステップアップしながら問題プリントが印刷されるので、スムーズに勉強が進みます。

smallstep

まずはその単元のポイントが凝縮された【ラーニング】を読み、理解を深めます(後に、見直しにも活用)。そして【ステップ】で問題演習を行い、理解したことが実際に問題で解けるか練習を重ねます。もしここでつまずいても、すぐに【リトライ】で復習ができるので安心してください。最後の仕上げに【チェック】を解きます。単元のまとめになるので、定着の度合いを確認できます。

このように、理解から定着まできちんとした流れがあるので、誰でも、自分の学習状況に合わせて効率よく勉強できます。