コーチング型の指導

コーチング型の指導ってなに?

教えないのに、成績が上がる。その原動力となっているのが、この”コーチング型”の指導です。その特徴は、教科内容を教えこむのではなく、勉強の方向性を定め、考える力を引き出す指導にあります。

“コーチング型”の指導の特徴勉強を一方的に教えるのではなく、なぜそうなるのか、生徒に考えさせます。
授業を聞くのではなく、正しい勉強の仕方を学び、手を動かして問題を解きます。
問題解決する力を伸ばし、自立した勉強ができるように促します。
目標を定め、それに向けて努力できる生徒に育てます。

わからない問題が出てきても、安易に答えを教えることはしません。まず最初に、解説を熟読させたり、教科書を調べさせたりします。その上で、なぜ間違ったのか、どこを気を付ければよいのか、自分なりの結論を出させます。

その結果、人に依存しない、自分から積極的に学ぶ姿勢が育ちます。

 

一般的な塾と、何が違うの?

では、一般的な学習塾はどのような特徴があるのでしょうか。北大コーチが”コーチング型”であるのに対し、一般的な塾は”ティーチング型”であるといえます。

“ティーチング型”の指導の特徴勉決まったカリキュラムや指示に従い、一律に授業が進みます。
テキストに沿って解説をして、わからないところを教えます。
定期テストや入試など、決まった試験の対策が中心です。

どちらかといえば、ティーチング型の指導の方が、目の前の点数だけにこだわっている傾向があります。また板書でわかりやすく指導をしてくれたりするので、その時は「わかった!」と思っても、テストになると「あれ?覚えていない。」となりがちです。

先々にも通用する学習姿勢を身に着けさせるという点や、演習を重ねて「わかった”つもり”」で終わらせない点は、コーチング型の指導に分があると、自信を持って言えます。

このような人にオススメです!

部活や生徒会に熱心な人

夢中になっていることがある人や、集中して物事をやり切る人に向いています。

良い得点を取りたいと思っている人

目標から逆算して効率よく勉強するのがコーチ流。
「頑張ろう!」という想いが強いほど成績が伸びます。

型にハマった勉強が勉強が苦手な人

ゴール地点さえ間違えなければ、
自分のやりたいペースで勉強しても全然OKです。

勉強に自信がないけど頑張りたい人

心のどこかで「頑張りたい」という気持ちがあれば、
ピッタリ合う勉強方法を教えます。