学習システム”eコーチ”

学習システム”eコーチ”

18万ページ・100万題の学習データベース

北大コーチで使用している特別な学習システム、その名も”eコーチ”。

パソコンの学習データベースには、18万ページ・100万題にもおよぶ膨大な量の問題が収録されています。その中から自由自在に問題を選んで解くことができる学習システムです。

学年や教科を選ぶのはもちろんのこと、【学校の予習/復習】【定期対策】【受験対策】など目的に合わせて内容が決められます。また学習状況に合わせて、プリントの種類や難しさを調整します。

 

eコーチ収録内容 <18万ページ・100万題>

中学生

数学1〜3年入門問題、1〜3年標準問題、入試対策問題
英語1〜3年教科書準拠シリーズ、文法問題、英作文、英単語、入試対策問題
理科1〜3年入門問題、1〜3年標準問題、入試対策問題
社会歴史・地理・公民標準問題、まとめ問題、総合問題、記述対策、入試対策問題
国語1〜3年教科書準拠シリーズ、文章問題、文法問題、漢字・語句、古文標準問題

小学生

算数計算トレーニング、1〜6年算数標準問題、いろいろな問題、中学入試対策問題
英語英語基礎シリーズ、英語発展シリーズ
理科3〜6年理科標準問題、中学入試対策問題
社会3〜6年社会標準問題、中学入試対策問題
国語教科書準拠シリーズ、文章問題、漢字・語句、言葉のきまり、中学入試対策問題

問題演習サイクルで学習量を増やす

学習システム”eコーチ”により、4つのステップでどんどん問題を解く『問題演習サイクル』を回していきます。問題に触れる量が増えると、【たくさん問題を解く→解くスピードが上がる→同じ時間でもたくさん勉強できる】という、勉強の好循環が出来上がります。

「成績は学習量に比例して上がる」というの考えのもと、受け身の講義形式の授業では決して実現のできない、圧倒的な学習量を実現しています。

 

『問題演習サイクル』の流れ

(1)問題を選ぶ

専任講師の適切なアドバイスのもと、個別にプリントを作成します。

(2)問題を解く

席に戻り、自分で考えてプリントを解きます。1枚5〜10分くらいが目安です。

(3)採点・見直し

講師が採点し、勉強のアドバイス。間違えたところはすぐに見直します。

(4)得点入力

パソコンに点数を入力し、次のプリントを印刷。また席に戻り問題を解きます。

スモールステップ学習で学習効率アップ

eコーチの学習システムは、無理なくステップアップしながら問題プリントが進む『スモールステップ学習』方式です。

理解から定着まできちんとした流れがあるので、「得意な教科だから、先取りをどんどん進めたい!」「苦手な教科だから、ゆっくり理解を深めながら進めたい!」など、自分の学習状況に合わせて効率よく勉強することができます。

 

『スモールステップ学習』の流れ

(1)ラーニング【理解】

単元のポイントが凝縮されているので、よく読んで理解します。教科書代わりのプリントです。

(2)ステップ【練習】

問題演習を重ねて理解を深めます。ラーニングの内容が1〜3のステップに分かれています。

(3)リトライ【見直し】

ステップでつまずいたら、すぐに類似問題が印刷されます。苦手問題を見直します。

(4)チェック【定着】

まとめテストで仕上げます。定着の度合いを確認し、合格できたら次の単元へ進みます。


指導の特徴
コーチング型の指導
学習システム”eコーチ”
一日の学習の流れ