コーチ通信201120│厳しい定期テスト結果。

塾の日々

厳しい定期テスト結果。

11月の定期テストが終わりました。平均点が下がることは予想していましたが、厳しい結果でした。

定期テストを迎える前の段階から「iワーク進度表」の遅れが気になる生徒が多く、問題演習量の不足が懸念されました。ただでさえ難易度が上がっているテストです。演習量(=勉強量)が不足している生徒は、それがそのまま結果にあらわれたといえます。

一方で、平均点に関係なく自己ベストを更新している生徒もいます。

MSくんは、500点満点で9割に届きそうな素晴らしい結果でした。中3ですが引退が伸びたため、秋以降も部活があり、さらに学力テストも並行して実施される大変な状況でしたが、一定の学習量を保っていました。進度表に遅れず、キチッと提出していまいた。

NTくんは、なんと学年1位!素晴らしい結果なのですが、部活が大変そうで体力が持たない様子があり、実は心配していました。それでも持ち前の理解力と学習スピードで、前回以上の結果を残しました。

結果=学習の効果は、【勉強時間×進むスピード×理解力】で決まります。MSくんはトータルの学習量の多さが、NTくんはスピードと理解力の高さが結果に繋がりました。(誤解なきよう、NTくんはそれだけではなく、学校ワークを何度も繰り返し解いています!努力の賜物です。)

進むスピードが速い人は、同じ時間でもたくさんの量を進めることができます。理解力が高い人は、少ない時間でも効率よく覚えることができます。しかしこの2つは、「速くしよう」「高めよう」と思っても、すぐに向上させることはできません。

では、スピードや理解力が足りない場合は、どうすれば良いのでしょうか。答えは簡単で、”学習量”を増やせば良いのです。

例え「スピードを上げるための勉強方法」「理解力を高めるための勉強方法」を教えてもらったとしても、手を動かして実践しないことには自分のものになりません。「どのくらい勉強すれば得点につながるか」というのも同じで、やるだけやってみて、その後に初めてその感覚がつかめるものです。

次回、2月定期に向けては、今まで以上に塾として学習量に責任を持ちます。塾ワークや学校ワークが終わらない人については、教室で自習してもらうなどして、とことん面倒を見ます。「100%完成を目指し出来ることは何でもやる」と私は覚悟を決めたので、みんなも「自分のための勉強だ」と強く意識をもって行動してください。考えるよりも、行動に移すことが大切です。

小学生が頑張っている。

詳しくはインスタを見てほしいのですが、塾ワーク”ほーぷ”の掲示を少し変えました。縦積みで、たくさん解くほど上に矢印が伸びていく形です。

するとどうでしょう。今まで以上に、小学生たちが競うようにワークを解くようになったのです。中学生の中でも「Aちゃん頑張っている!」と密かに話題で、すごく前向きな勢いを感じています。さらに盛り上げていこうと思っています、乞うご期待。

冬休みに向けて。

12月中旬くらいから、冬期講習会に先駆けて「カミングウィンター」、講習会用テキストを渡します。

小学生は、順次その完成を目指して進めます。ただ中学生に関しては、iワークの完成を最優先させます。もちろんカミングウィンターもやった方が1月10.11日の道コンの結果につながるのですが、2月定期の方が成績に影響があるので重要です。そのあたり、個別にアドバイスしていくので、覚えておいてください。

保護者面談はZOOMで。

11月下旬から恒例の保護者面談を実施しますが、新型コロナにより警戒レベルが引き上げられたので、面談はZOOMを推奨させていただきます。希望される方は教室での面談もOKですので、お気軽にお申し付けください。

日頃の勉強の様子や、定期テストの結果と次回に向けての勉強、中3であれば進路相談など、色々なお話しをさせていただく機会になればと思います。

※詳しいご案内は近日中にアップいたいます

今月のボソッと│教室長 松浦

先日の文化の日、娘のピアノ発表会がありました。まぁそれが大変でして、前日の夜中に「出たくない」とストライキがありまして。話を聞くのに1時間以上かかって、何とか無事に出ることが出来まして…。

その後。ソツな弾けて、参加賞のかわいいサコッシュを肩にかけ、「楽しかった!」と娘はニッコニコ。うちの生徒たちにも、次回定期テストが終わった後に「やり切った!」と良い顔を見せてもらいたい…、と思う教室長なのでした。

コメント

  1. […] コーチ通信にも書きましたが、やっている人とやっていない人の差が明らかに出た定期テストでした。 […]