過去の自分を振り返る。

塾の日々

どうやったら生徒は勉強するんだろう。
と考える機会が多い、今日このごろ。

昔の自分はどうだったんだろう。
同時に、中高生の頃の自分のことを思い返します。

ここから、ちょっと語りに入りますね(笑)。

中学生の時の自分。

正直言って、勉強で困っていませんでした。
塾に週何回か通って、それなりに宿題だけ解いて。
それで終わり。

部活は入っていなかったのですが、
何をして過ごしていたんだろう…。
家では、ゲームか犬と戯れるか、そんな感じだった気が。

両親ともに働いていたので、
学校から帰ってきて夕食までは一人ぼっち。
一人っ子なんで一人遊びは得意だったのですが、
今思うと、どこか寂しかったような気がします。

手稲区の片田舎の中学校でしたが、
定期テストは9割近く得点できていた記憶があります。

当時は学区が決まっていたので、
No.1が西高、No.2が手稲高となっていまして。

流されるように勉強していた私は、
家からチャリで5分という理由で手稲高校に決め。
なんなく受験が終わったのでした。

そんな自分が高校に入ってどうなったかというと。

言われた勉強しかしていませんでしたから、
まったく勉強しなくなりました。

高校に入ったら基本的に大人扱いですから、
物事のほとんどを自己責任で決めることになります。
初めて自分でやってみると、まぁできない。
うるさく言われることのありがたさっていったら(笑)。

テニス部に入ったのですが1年で辞め、
まぁそこからは青春していましたね…。
(念のため、悪いことはしていませんよ!)

結局は流されるまま、
大学も入れるところを選んで終わったのでした。

こうやって振り返ると、
自分の塾講師としての原点は、
反面教師なんだな、と思います。

意思が持てないまま勉強しても、
結局、あとからツケが回ってくる。

そんな思いを生徒にはしてほしくありません。

では、
その当時の自分に対して。

たくさん勉強しなさい。
高い志望校を目指しなさい。

なんてグイグイ来られても、
理解できなかったと思います。

勉強することの意味なんて、
わかっていませんでしたから。

書き出した文章を読むと後悔しているようにも思えますが、
なんかわからないけど、毎日、一生懸命だった気もします。

大人から見ると馬鹿げているようでも、
子どもからしてみたら真剣だったりしますからね。

だから私は、
勉強しておいたら得なんだよ。
ということ、生徒に伝えたいと思っています。

近道もすれば、遠回りもする。
自分で決めた道を歩むことが大切。
たとえ間違っていたとしても、自分の責任でやり切る。

それでも悩んだ時にはそっと寄り添って、
肩をポンと押してあげるような存在でいたいなぁ。

と昔を振り返って感じました。

なんかセンチメンタルな終わり方ですが、
こんなもんで終わりにしておきます!

またいつか振り返りシリーズも書きたいな。

さりげなく昨日はブログをサボりましたが、
今日の文章量で大目に見ていただければと。

明日もよろしくお願いいたします!

コメント