高校受験で勉強が終わるわけではない。

塾の日々

保護者面談を続けて実施していますが、
今週で4周目、一応、予定の上では最終週となります。

もし「予定が合わなくて…」という方がおりましたら、
個別に日程を調整しますので、ご相談くださいね。

そして同時に、
生徒との個人面談を時間を見つけては実施しています。
だいたい8割位は終わったかな?

勉強の仕方を振り返ったり、
次回の定期テストの目標点を考えたりしています。

そんな中、
特に中3は【志望校】について話すのですが、
「高校に進んだ後のこと」まで伝えるようにしています。

というのも、
進んだ高校でその先の進路が決まる。

この現実に目を向ける人が少ないからです。

道コンデータから【新川高校の大学合格実績】を切り取りました。

馴染みある名前としては、

・北海道大学
・札幌医科大学
・北海道教育大学
・小樽商科大学
・札幌市立大学

このあたりだと思うのですが、
合計で43名です。

ただこの数字は、
現役生と浪人生を合わせたものなので、
実際は「卒業してから自分で勉強した人の実績」も含まれています。

実際に現役合格した人はもっと少ない
と思ってください。

ということは、
新川高校に合格できたとしても。

上位50番以内に入らないと、
意外と進める大学が限られる。

そんな現実が待っています。

話していると、
高校受験がゴールのように考えている人が多いのですが、
そこで勉強は終わりません。

高1〜3までの勉強の積み重ねが
大事だったりします。

せっかく頑張って勉強するなら、
その先につながる何かを感じてほしい。

そんな想いで進路の話をしています。

流されて進路を決めた人は、
高校受験がゴールで燃え尽きてしまう…。
うちの生徒たちには、
そうなって欲しくはありません。

というお話しでした。

さて、今週も1週間が始まりました。

小学生の「ほーぷチェック」を始めてから、
また「やってきたよ、先生!」と持ってきてくれる子が増えました。
何気に、毎日進みを確認するのが楽しみです。

また明日もよろしくお願いいたします!

コメント