悔しさの涙の尊さ。運動会のひとまく。

塾の日々

今日の午前中、娘の保育園の運動会でした。

毎年恒例の、リレー。
年中と年長が合わさって、赤組・白組に分かれて競います。

 

バトンの受け渡しミスと、コースアウトがあり。
最初にリードしたのは、赤組でした。

なんとその差、約1周!

 

このまま赤組が勝つのか?
と思いきや、それで終わらないのが勝負の世界。

鬼の形相で追いかける、白組の子たち。
(ずいぶんカワイイ鬼ですが)

じわじわと差を詰め逆転、
白組リードで勝負はアンカー対決へ。

 

先に白組がバトンを受け取ります。

走者は、
トーナメントを勝ち抜いた、全園児No.1の女の子。
大きなストライドで、差を半周まで広げます。

 

遅れてバトンを受け取る赤組。

絶対に追いつく。
必死に追いかける男の子。

一歩、また一歩と差が詰まります。

ところが。

 

ドサッ…!

 

男の子が転びます。
再び広がる差。

大歓声の中、リレー勝負あり。

毎年ドラマがあるのですが、
今年もまた、熱い勝負でした。

この後、無邪気に喜ぶ白組の横で、
悔しそうにむせび泣く赤組の子たち。
もちろん、転んだアンカーの子も。

密かに、涙をこらえる大人たち。
(私もその一人)

 

なんて尊い涙だ!

そう思いませんか。
悔しさをバネに、これから大きく成長するはずです。

いつものように。

スラムダンクで申し訳ない(笑)のですが、
この場面を思い出したとか、何とか。

素晴らしい場を作ってくれた先生方に感謝。

嬉しいとか、悔しいとか。

結果が出たら感情が出るくらい、
一生懸命に勉強する塾にしたい。

そんなことを思った、
今日の午前のお話しでした。

私の娘はというと。
赤組で、年長の第三走者。
(ちなみに写真の左の赤バトン)

コーナーでインを突いて、一時、逆転を演出!
それでもチームが負けて悔しいと言っていたので、
彼女なりに成長しているのかな…?

まぁ、コロナ禍ですが。
思わず出ちゃいますよね、声援。
親ですもの。

というわけで、
今週もありがとうございました。

来週は学力テストAの結果が出そろうのかな?
iワークやほーぷ、
週末にたくさん進めて持ってきてくれるのかな?

楽しみに待ちたいと思います!
それではまた。

コメント