秋のよそおい。面談。ジャネーの法則。

塾の日々

暑い日が続きますが、
せめて秋らしく。

教室長松浦が徒然なるまま塾の日常を書き綴る、
「ボソッと」のアイキャッチ画像を秋仕様に変えました。

気持ちは、秋。

というわけで、
ここ最近、毎日面談が続いています。

日中は保護者面談ですが、
夕方からは時間を見つけては、生徒と個人面談。

今年の中学生は、ちょっと大変です。

定期テストが7月にずれ込み、
学校がある中での夏期講習会→道コン。

夏休みがないに等しい中、
明けたら定期テストまでわずか2ヶ月。

中3は受験勉強に取り組みたいところですが、
部活の引退も延び延びです。

例年なら、
気持ちや時間的に切り替えるタイミングがやって来るのですが、
今年はそうもいきません。

あれよ、あれよと次の予定が差し迫ってきます。

そこで私たち大人が考えなければいけないのが、
大人と子どもの時間間隔の差です。

大人は時間が早く過ぎるように感じるのに対し、
子どもはゆっくり時間が過ぎるように感じています。

それを、
ジャネーの法則と呼びます。

体感時間は年齢によって変わる!?ジャネーの法則から考える「時間」という最大の価値
「最近、1年があっという間に過ぎ去る…」と感じたことはありませんか?実は、人生の体感時間は年齢を重ねるごとに短…
ジャネーの法則をわかりやすく解説・光陰矢の如しを計算
光陰矢の如し。年を取るにつれて、時間が経つのが早く感じます。19世紀の心理学者ジャネーが発案したジャネーの法則です。あなたの人生は、どのくらい早く終わると思いますか?この法則で計算すると、人生の体感時間の半分は10才!?

面談をしていて感じるのが、

大人は結果をすぐに求めるのに対し、
子どもはあせっていないことが多い。

という現実です。

大人は「もうこれしか時間がない」と考えても、
子どもは「まだこれだけ時間がある」と考えがち。

その差を考慮して、話を伝える必要があります。

私は思春期の子と話す時、
感情ではなく、数字で話す。

ということを心がけています。

現状、何点なのか。
どういう勉強をしているのか。
自分は何点取りたいのか。
それには何が不足しているのか。

押し付けずに、
淡々と思っていることを聞きます。

そして、
今のまま勉強したらどういう未来が待っているのか。
やり方を変えたら、どういう未来をつかみ取れるのか。
それを踏まえて、どうしたいのか。

あくまでも、選ぶのは自分。
力は惜しまずに貸します。

なにせ、
子どもは大人に比べて時間の流れがゆっくりです。

ここまで伝えて、
ようやく「あせっている大人の感覚」が、
ちょっとわかってもらえます。

強調します、
あくまでも、ちょっとですよ。

私はここらへんの感覚の違いがわかっているので、
「勉強しなさい!」と言って通じないのも、
妙に納得しながら両者と接しています。

ご参考までに。

というわけで、
最近、会話しすぎて喉がカラカラです。

何とか黄金の液体で喉を癒やしながら、
今日中にブログを書くことが出来ました(笑)。

では明日も、教室でお待ちしております!

コメント