探求。あふれる水。│2020夏期講習会Day10

塾の日々

講習会10日目です。

この投稿をInstagramで見る

小学生たち、100ます計算頑張っています!

まつ@北大コーチ(@hokudaicoach)がシェアした投稿 –

 

先週金曜、7月31日に定期テストが終わったので、
今週早々には、答案が出揃ってくるはず。

結果がどうなのか…期待したいところです!

さて今日のブログですが、藤井棋聖の話。

先月ですが、
将棋の藤井聡太さんが、史上最年少で【棋聖】というタイトルを手にしました。
若干17歳にしての快挙になります。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

 

その際、色紙に書いたのは「探求」の2文字。
以下、記事を引用させてもらいます。

色紙の揮毫(きごう)に「探究」の2文字を選び「将棋は難しいゲーム。まだ分からないことばかりなので、探究心を持って盤上に臨みたいです」と決意を新たにした。

藤井聡太棋聖「まだまだ分からないことばかり」飽くなき「探究」

凄いですよね。

最年少でタイトルを獲得する快挙を達成しながら、
その結果に満足するどころか、さらに上を目指す。

17歳とは思えません。

 

これから皆さんの手元に定期テストの答案が返ってきますが、
「探究」の姿勢をもって勉強を頑張ってほしい。

この記事を読んだ時に、真っ先に思いました。

つまりそれは、
結果が良かったからといって、
そこで満足してはいけない、ということです。

満足=自分の限界ともいえます。

自分の可能性を、自分で狭めてしまうのは残念なことです。
喜びを糧に、また次の目標に向けて突き進んでほしいですね。

そして今回、
定期テストの答案返却に合わせ得点集計表を準備していて、
一昨年、昨年の得点の推移をあらためてチェックしました。

そこで感じたのは、
みんな成長しているなぁ〜!
という嬉しい実感。

中3のSKさんは、中1の推移と通塾後の中2の推移を見比べると、
40点以上も上の得点帯を推移していました。

MSくんやKYくんなども、似たような推移です。

 

中2の生徒はまだデータ量が少ないのですが、
塾に通ってから何十点も伸びた人が多かったです。

伸びるタイミングは人それぞれで、
入塾してドン!と伸びた人もいれば、
地道に努力して、中1の最後で伸びた人もいました。

コップの水があふれる瞬間
とでもいいますか、

ちょろちょろ注ぎ続ける人もいれば、
勢いよく注ぐ人もいて。

小さいコップから順に注ぐ人もいれば、
大きなコップを満たそうと頑張る人もいて。

本当にいろんなタイプがいます。

間違った注ぎ方をしても良い、
こぼしてしまう時があっても良い。

あくまでも「注ぎ方を教える」のであって、
横から無理に水を注ぎ入れるような塾にはしたくない。
と思いながら、いつかコップの水があふれることを信じています。

きっとこの注ぎ方に工夫を重ねるのが、
藤井棋聖の「探求」なんでしょうね。


日曜日は、さとらんどに行ってきました。

夏は我が家、さとらんど率が高いです。
なぜなら、公園を楽しみながら収穫体験ができるから。
昨日はブルーベリーとミニトマトをGETしました。
一石二鳥って素晴らしい。

しかし。

自転車こいで、収穫して、
しっぽ取りゲームに付き合って。

私の身体はバキバキになりました…とさ。

 

今日も1日ありがとうございました。
今週は雨の予報が多いので、湿気との戦いです。
明日もまたお待ちしています!

コメント

  1. […] 前回は【探求】の二文字に感銘を受けましたが、今回もさすがのコメントです。 […]