マックのポテト。

塾の日々

英語で”靴”は、”shoes”と書きます。

2個セットだから、基本的には”shoe”ではなく、”shoes”と後ろに”s”がつきますね。

この感覚が、日本人には馴染みがなくて難しい。

shoes(靴・シューズ)の単数形と複数形の使い方 | ネイティブと英語について話したこと
靴は日本人には「1足」と感じるものであっても、物体としては左に1個、右に1個で2個あるため英語では「shoes(シューズ)」のように複数形にする必要があります。1足、2足と数える場合には「a pair of」を使います。これらのルールは履物全般に適応されるのでカタカナでは単数形になっている言葉でも、英語では「slipp...

突然ですが…

第1問。

マックのポテトの細長い形のことを、なんと呼ぶでしょうか。

↓↓↓↓↓

↓↓↓↓

↓↓↓

↓↓

答え。

シューストリング。

食材の道のり ポテト(じゃがいも)篇 | 私たちの責任 | McDonald's Japan
食材の道のり ポテト(じゃがいも)篇です。マクドナルドがお客様にお届けしている商品はどのような原材料からどのようにつくられているのか。「食材の道のり」では、食材の生産地や加工現場の「安全・安心」に向けた取り組みを紹介します。

第2問。

シューストリングは、何の形に似ていることから名付けられた?

↓↓↓↓↓

↓↓↓↓

↓↓↓

↓↓

答え。

靴紐。

string = ひも。

今日の授業で話しが脱線してしまったこと、この場を借りてお詫び申し上げます。

第3問。

このラケットの網状に張ってある糸のことをなんという?

↓↓↓↓↓

↓↓↓↓

↓↓↓

↓↓

答え。

ストリング もしくは ガット。

今は「ナイロン」「ポリエステル」といった素材が主流ですが、昔は「羊や牛の腸(=ガット)」から作っていました。

だからその名残りで、ストリング(糸)ではなくガット(腸)と呼ぶ人が多いんですね。

昔ナチュラルガットは「シープ」。どうして今は「ナチュラルガット」と呼ぶ?
「シープガット」はテニス道具の最高峰としての憧れ。 その名のとおり「羊の腸」が原料だったから。 40年もテニスをやってらっしゃる大ベテランの方にとって、憧れのストリングが「シープ」でした。つまり「羊」ですね。 それに「動物の腸」という意味の

なぜでしょう、マックのポテトが無性に食べたいのは…。

今日も1日、ありがとうございました!

コメント