自由って難しい。

塾の日々

本日、5月28日(金)の9:00を持ちまして、毎朝のZOOMオンライン授業が一旦終了となります。

朝のZOOM授業。

「学校の代わりに、生活のリズムを作ってあげたい。」

そういう想いから始まった毎朝9:00のZOOM学習でしたが、来週から学校が始まるので、役割をバトンタッチさせてもらいます。

分散開講中の教室。ZOONも併用。

いつも30名前後の生徒が集まって、始まる前に学習計画をLINE、終わった後も1日の振り返りをLINEしてもらって。

親も子も塾も初めて迎える、未曾有の事態。そんな中でしたが、みんな、出来る勉強を一生懸命頑張って乗り越えられたように感じます。

さて、いつも通りの生活が近づいてきましたが、
学校がお休みの期間、皆さんは何を感じていましたか。

最初はきっと、

「やった、学校がない、自由だ!」

なんて、夏休み気分の人もいたはずです。

でもその状態で1週間が経ち、1ヶ月が経ち。もう3ヶ月が経とうとしています。

自由だと感じていたはずが、だんだんと、

「あれ、なんとなく日々が過ぎてしまっている…」

という、虚しさのような感情が増してはいなかったでしょうか。

もちろん、人によって違いはあるでしょうが。

毎朝早起きして、学校で授業を受けて、給食を食べて。

部活をやって、塾で勉強して、宿題を済ませて。

スマホをいじって、ゲームをして、時には親に怒られて。

実は自由が楽しかったのは、やることがあったから。

自由って、難しいですね。

これから学校が始まったら、今回のコロナで体験したことを糧に、
勉強も部活も何もかも全力で取り組みましょう。

一生懸命やればやるほど、また訪れる自由な時間に、
今よりもずっと価値を感じられます。

来週から塾も、学校に合わせて平常運転に近づきます。

ため続けてきた何かを発散するかのように、『楽しんで』勉強したいですね!

コメント