春期講習会 Day1

塾の日々

はじまり、はじまり。

今日から春期講習会が始まりました。

いや〜、いいですね。
実にいいです。

何かと暗いニュースが多い中、ほとんどの生徒が講習会に集いまして。
頑張る姿から元気をもらう、私。

かといって、まだまだ警戒を緩めてはいけない状況です。

手の乾燥と戦いながら、感染予防を徹底しながら開講しております。

1点だけ。
熱がある時(37.5℃以上)は、通塾を控えて家で安静にしましょうね。
(そうならないように、私自身も予防に努めます!)

講習会で、何してる?

事前に渡した、講習テキスト

新小4〜新中3の人には、事前に講習テキストを渡しています。

一番良いのは、講習が始まる前に完成させること。
講習中に道コン過去問を解くので、ちょうどその準備になります。

終わったら検印します。
すでに検印した人もチラホラ。素晴らしい!
持ってきそびれた人は、明日以降、持ってきてください。

間に合わなかった人は…
道コンの前に完成させましょう。
完成させないと…道コン本番が大変なことに。

毎日、社理テスト

中学生は、毎日、社会と理科のテストをします。
問題は事前に渡しています。社会と理科の太字レベルの問題です。

道コン本番で結果を残す人は、1発でテストに合格(8〜9割の得点)します。
それだけ身についているか、もしくは前日までにしっかり準備します。
自分の勝ちパターンを知っている、ということです。

道コンで思ったように結果が出ない人は、不合格になり、さらに見直しに時間がかかります。
時間がかかるということは、他の勉強ができなくなるということです。
そして悲しいことに、不合格になる人は、前日の準備が足りない場合がほとんどです。
『準備をしない、当日できない、他の勉強もできない』という負けパターンといえます。

ぜひ講習会を通して、勝ちパターンで勉強できるようになってほしいです。

道コン過去問、やります。

こちらも小4以上の学年の生徒になりますが、道コン過去問を1日1教科渡しています。
家で解いて、翌日に教室でマルバツをつけます。

講習中の学習内容は、道コン過去問の結果で調整します。
苦手だったり、得点につながりそうなところを優先して勉強します。

どうしても春休みは短い(春期講習会は5日間)ので、足りない分は『iワーク』『教科書』『学校ワーク』を活用して、家でも勉強しておいてください。示されたことが出来て満足してはいけません。示されたこと以上に工夫してこそ、成長が早く訪れます。

小学生は100マスやっています。

小学生の時間帯(10時00分開始、11時40分開始)では、100マス計算を最初にやっています。

やはり比べると、以前から練習を重ねている人の方が、圧倒的にスピードが速いです。
以前からというのは…

前に企画した『百ます計算甲子園』の時に、本気でスピードアップを狙って練習した人たちです。

 

個人差はあります。
ありますが、それ以上に練習の差が大きな差になっています。

私の記憶が確かなら、当時小6のITくんは、ベストで【1分2秒】くらい出していたはずです。
でも、そのタイムを出すための練習や工夫は欠かしていませんでした。

リンク先から、エクセルファイルがダウンロードできます。
ランダム関数を組んでいるので、無限に問題が作成できます。

 

『やれば、できる!』

突然のティモンディ登場になりますが、これは本当です。
やる前に悩むくらいなら、まずやってみることをオススメします。
自己ベストを更新した時に、見える景色が違うはずです。

では!

コメント