公立高校入試、受験の心構え

勉強お役立ち
0

昨年も記事にしましたが、公立高校入試の前日ということで、受験する際の心構えをまとめておきます。

入試前日の夜

入試前日に不安になる人もいるかもしれませんが、夜ふかしはしないこと。最高のパフォーマンスを発揮するためには、いつも通りの生活を過ごすのが一番です。したがって、寝る時間もいつも通り。

オススメなのが『社会・理科』をサッと復習して寝ること。使うのは、ずっと解いてきた受験用テキスト(フレスタゴール・道コン・過去問など)です。難しい勉強はせず、今まで勉強してきたことをおさらいします。

入試当日の朝

人間の脳は、目覚めるまでに時間がかかります。かといって、無理して当日だけ早く起きても、試験中に眠くなる恐れがあります。やはり、いつも通りの生活が一番。

この日のために生活リズムを整えてきた人が多いと思いますが、6:30〜7:00に起きれば十分です。お腹が痛くなるかもしれないから、食事やトイレも早めに済ませること。

余裕をもって家を出て、会場に早めに着いて気持ちを落ち着かせ、受験用テキストをサッと見直しておきましょう。

試験会場に入ったら

絶対に守って欲しいことがあります。

終わった教科を、次の教科にひきずらないこと。
終わった教科の話を、休み時間に友だちと話さないこと。

大事なので、かなり強調しておきました。

【国→数→社→理→英】の順に受けますが、調子が良くても調子が悪くても、ひとつの教科が終わったら、一切頭からその教科のことを消し去ります。特に数学・理科が難しくて不安に思う人が多いのですが、あなたが難しいと感じているってことは、周りも難しいって感じていること。気にするだけ損です。

また休み時間に友だちと前の教科を話をする行為は、全く意味がないので絶対にしないでください。もし「どうだった?」と話しかけられても、「まぁまぁかな。次の教科の準備をするわ!」と軽くあしらって、自分のことに集中してください。友だちとの関係よりも、自分の受験のことを最優先してください。

では休み時間に何をすれば良いかというと、【次の教科を受験テキストでサッと見直して、次の教科のモードに頭を切り替えておく】のがベストです。人間の脳は不器用で、意識しなくとも、しばらく前の行動が頭の中に残っています。休み時間は会話を楽しむのではなく、スイッチを切り替える時間にしてください。

入試が終わったら

ネットやTVで速報が出るので、自己採点します。

当日の入試速報の合格ラインは、分析するのに十分な時間がないので、おおまかな予想点となっています。道コン予想よりも10点以上高いこともあるので、あくまでも参考程度に活用すること。

おそらく今週〜来週頭には、道コン事務局から過去のデータと照らし合わせた、正確な入試ボーダーラインが発表になります。最終的には、そちらで判断していきます。

わからないことがあったら、LINEで聞いてください。

0

コメント