71%≫中3CHALLENGE2020 Day8

塾の日々
6+

本日の記録(2020年1月8日12時集計)

中3全員で冬期講習会中に学習時間合計2020時間を目指す【中3CHALLENGE2020】
本日の集計は…

学習時間は17名合計で、147時間。

2020時間の内、13日総計で1450時間。

達成率は71%。

これまでを振り返ってみます。
【1日目】合計139.5時間
【2日目】合計144.5時間
【3日目】合計150.0時間
【4〜9日目】6日合計501時間=1日平均83.5時間
【10.11日目】2日合計225.75時間=1日平均112.8時間
【12日目】142.25時間
【13日目】147.0時間

年が明けてからの達成率が『57% → 64% → 71%』と来ていまして、昨日予想した通り『7%の法則』にハマっています。

明日で道コン前の最後の講習会です。定期テストも迫りその対策に追われる人も増えてきましたが、最後のひと頑張りに期待しています。

講習会中に100%達成しよう、
北大コーチ生の底力を見せてくれ!!!

中1・2と理社テスト。

中3が15:30頃に終わり、16:00からは中1.2の時間帯がスタート。

企業秘密なので手元にモザイクをかけたら、超絶あやしい写真に仕上がってしまった(笑)のですが、毎日、社会と理科のテストをやっています。問題については、事前に『冬休みテキスト』として冊子にして渡してあります。

テストの内容は教科書の太字レベルなのですが、侮ることなかれ。

得点率が高い人は、
(1)すでに基礎が固まっている
(2)前日に準備をしている

得点率が低い人は、
(1)基礎が固まっていない
(2)前日までに準備をしていない

このような傾向に当てはまります。

(1)については個人差があるので、仕上がっていなくても気にしなくて良いです。問題は(2)で、『基礎が固まっていないのに加えて、前日の準備もしない人』です。

テストで点が取れない
→見直しに時間がかかる
→その日に他の勉強ができない
→付け焼き刃の勉強で記憶が残らない
→またやった時にできない

このような『負のスパイラル』に陥ってしまいます。
解決方法は簡単、『前日までに準備をしておく』だけです。何も満点が取れなくてもOK、準備をするという行動が大事なのです。

「自分はできない」「理科や社会が苦手だ」「勉強の仕方がわからない」と出来ない理由を探しても、何も意味はありません。

「出来ることからやってみよう」と行動に移すが”吉”!

サンマが高いのはなぜ。

誰と話したか忘れたのですが、

豊かになると魚の輸入が増える

という問題があったので、まとめておきます。

サンマの値段の推移

サンマの値段が高くなっているのは知っていると思うのですが、どのくらい変化しているのでしょうか。

年々、底が上がっています。
理由としては『気候変動』もあげられるのですが、今回は『漁獲量の変化』について考えて見ます。

「全国における秋刀魚(サンマ)の販売価格推移」統計局小売物価統計調査(2020年01月24日発表)|秋刀魚(サンマ)の平均価格・値段
全国における秋刀魚(サンマ)の2015年1月~2019年12月の価格推移を掲載しています。最新データは2020年01月24日発表の2019年12月分統計局資料小売物価統計調査結果です。全国平均だけではなく都道府県別・全国各都市別の推移を無料で見る事ができます。
サンマの漁獲量推移と減少傾向の3つの理由 2019年の値段予想は? (2019年9月5日) - エキサイトニュース
日本の研究機関(水産研究・教育機構)が行っている、サンマの資源調査(令和元年度サンマ長期漁海況予報)の結果が7/31に公開されました。サンマの漁獲量と値段について調べてみました。(アイキャッチ画像出典...

中国の勢い

漁獲量の変化で忘れてはならないのが、中国の経済発展について。
GDP(国内総生産)は、2010年で日本が抜かされています。

【16-008】中国のGDPが米国を超える日 | SciencePortal China
中国関連の科学技術、教育、産学連携、イノベーション、知財、統計データ、調査報告書、イベント情報を満載、法律関連やコラムも充実のサイエンスポータルチャイナ、 2016年12月22日 和中 清: ㈱インフォーム代表取締役 昭和21年生まれ...

さらに人口は、日本を約1億人とすると、中国は約14億人。
およそ14倍にもなります。
(20年後からは、日本と同じく少子化に悩むことになりそうですが…)

中国の将来の人口推移予測
中国の人口は世界一ですが、2030年頃から減少に転じ、将来的にインドに抜かれる予測です。

豊かになり食生活が変わった

豊かになった中国は、食生活が変わりました。
イモ類や穀物が減って、水産物・肉類・果実などが増えました。

昨日のブログで伝えましたが、イモ類は土地が悪くても育てやすい作物です。それが減るということは、食生活が豊かになっているということです。

図録▽中国の食料消費対世界シェアの推移

こうして水産資源の奪い合いが始まる

さて、問題です。

今までは、1億人が魚を食べていました。
でも今は、さらに14億人が魚を食べるようになりました。
魚の量はどうなるでしょうか。

答え『魚は減る』

実際はこんなに単純ではありませんが、イメージとしてはわかりますよね。ではこの現実を受けて、日本と中国がどういうやり取りをしてるかというと…。

日本「このままでは魚がいなくなる!皆でルールを決めて、魚を取る量を減らそう!」

中国「え?お前らずっと魚食べてきたよね。だったらお前らが我慢しろ、俺らは食べる!」

環境問題も、同じ

「セクシー」発言で注目を集めている、小泉環境相。

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。

世界的に「CO2を削減しよう!」となっていますが、それを叫ぶのは先進国だけ。後から発展してきた国は、「なぜ自分たちが!」と協力を拒みます。

あなたはどう思いますか?

カルロス・ゴーン

【わかりやすく】ゴーン逃亡経路の全貌まとめ!港区自宅からレバノンへ!
  日産自動車の元会長カルロス・ゴーン氏が、日本からレバノンへの”逃亡劇”が話題となっています。 な…

保釈金15億円没収、逃走資金10億円。
ケタが違いすぎますが、実は、私と誕生日が同じです。

6+

コメント