光星高校の説明会に参加してきました!

勉強お役立ち
0

2019年7月4日(木)、札幌光星高等学校の説明会に参加してきましたので、シェアさせていただきます。

 

入学者数

受験者数と入学者数の推移(過去5年)

2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
受験者数 2454 2464 2613 2734 2675
入学者数 348 356 440 567 445
入学率 14.1% 14.4% 16.8% 20.7% 16.6%

2019年の入学者数

人数 クラス数
文理 117 3
特進 224 6
ステラ 18 1
6カ年(中高一貫) 86 3
合計 445 13

2019年入試形態別の入学者数

入学者数 昨年比
特別推薦 15 -9
一般推薦 5 -6
単願文理 27 -9
単願特進 24 +7
一般 281 -101

2019年入学者のランク別人数

特進 文理
A 84(37.5%)
B 110(49.1%)
C 26(11.6%) 32(27.3%)
D 3(1.3%) 73(62.3%)
E 1(0.4%) 12(10.2%)

 

合格基準

推薦受験

【特別推薦】英検準2級以上

【一般推薦】学習点286/B+以上

※学習点(内申点)の計算の仕方はコチラから

単願受験

▼2020年の入試から、コース別の出願資格がなくなる
▼特進希望の場合は、当日点70%の得点をとる必要がある
▼学習点256/Cランク以上

一般受験

【ステラ】250点以上

【特進】210点以上

【文理】180点以上

 

合格実績

2019年特進・文理コース入学者大学合格

現役合格者88名中、64名が特進・文理コース入学者

北海道大・東京学芸大・首都大東京・都留文科大・小樽商大・北海道教育大・公立はこだて未来大・名寄私立大・北見工大・弘前大・室蘭工大・秋田大・高崎経済大・岩手大・茨城大・山口大・新潟大 など

ステラコース1〜6期生の現役合格

北海道大医学部医学科2名・北海道大学40名をはじめ、

一橋大・東北大・国際教養大・神戸大・御茶の水女子大・筑波大・東京外語大・札幌医科大 など

(卒業生185名)

2019年大学合格実績(現役・浪人合計)

▼国公立大学124名合格(現役88名)

東京大・一橋大・東北大・国際教養大・札幌医科大・北海道大・小樽商科大・札幌市立大・小樽商科大・札幌市立大・北海道教育大 など

▼私立大学742名合格

早稲田大・慶應義塾大・上智大・東京理科大・明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大・関西大・関学大・同志社大 など

(卒業生342名)

 

説明会に参加して

加えてお伝えしたいことがあるかというと…残念ながら、以上です。

 

いただいた資料のデータを確認するだけで大半の時間が費やされ、何が伝えたいことなのか、光星ならではの魅力が何なのか、正直申し上げてよくわかりませんでした。そのためシェアと行っても、データだけ載せる形になりました。

また皆さんが一番気になっていると思われる『合格実績』ですが、非常にぼやかした掲載の仕方となっていました。各大学の合格者数もわかりません。上のまとめを読んで「あれ…?」と思った方、私もよくわからないまま資料を写しただけですので、ご了承ください。

特にステラコースは1〜6期の合計で表記されていました。実績があがってるのか、あがっていないのか。凄いのか、そうでもないのか。よくわかりませんでした。

 

いずれにしても毎年の光星高校らしい説明会で、可もなく不可もなく…といったところです。受験者数が集まっている高校なので、塾にアピールする熱量があまりないように感じました。

変わったことはしない分、取り組みは安定している学校です。

実力に合わせて「ステラ→特進→文理」と選べるので志望しやすく、北大コーチに多く通う北辰中・美香保中エリアの人にとっては通いやすい場所に立地しています。高校は通学時間も考えて選んだ方が良い(特に部活をやる予定の人)ので、その点は魅力的な高校です。

 

以上、光星高校の学校説明会レポートでした。

0

コメント