南平岸のユニバーサルCAIスクールにお邪魔してきました!

塾の日々
2+

 

今日は、以前に塾長親睦会でお世話になりました、南平岸にある『ユニバーサルCAIスクール』さんにお邪魔してきました!

[kanren postid=”5650″]

 

教室は南平岸駅からすぐ。

場所はココ。

地下鉄南北線、南平岸駅から5分も歩けば到着します。

 

平岸通をちょっと入ると、すぐに教室が。

 

教室入口。カッティングシートがカッコいい。

 

授業を見学させてもらい…

紹介します、坂東先生です。
いつも思うのですが、ヒゲがオシャレで密かに憧れています。

授業の始めにホームルームを行っていて、写真は全体の進みをチェックしている瞬間です。

 

【映像授業+問題集】で個別に勉強が進み…

 

大事なポイントは一人ひとり、掘り下げて教えていきます。

 

見学を終えて…坂東先生の魅力

勉強の動機づけが上手い

授業初めのホームルームで、坂東先生が全体に声をかけます。

「勉強の目標を書いて!」
「今日できるようになることは何?」
「具体的にはどういう勉強?」などなど。

いまこの時間で何をするのか、自分がどう成長するのかを考えさせるのです。
勉強の目的を意識するからか、授業中の生徒の目は真剣で、私語もなく集中して取り組む様子が印象的でした。

また「今日は〇〇をした」と振り返ることで頭の中が整理され、勉強したことが記憶に残るようです。

生徒の頑張りを見逃さない

「よくやったね!」
「がんばったね!」
「凄い!」

坂東先生はとにかく生徒を褒めます。
生徒の良いところに目を向けて、頑張りを見逃しません。

だから教室の雰囲気も明るく、生徒が生き生きとしています。
教室にいるだけで、前向きに頑張る気持ちが湧いてきます。

生徒に寄り添った指導

生徒がワークを採点したら、細かく目を通します。そして大事なポイントについては、優しく・ていねいな語り方で、一つずつ解説していきます。

「説明してごらん。」
時にはそう問いかけ、生徒自身の口から問題の解き方を説明させます。私もよくやるのですが、人に物を教えるのが、実は一番勉強になるのです。

一方的に知識を押しつけるのではなく、どうやったら能動的に勉強ができるのか、要所に工夫が光る指導でした。常に生徒の気持ちを考えています。

 

まとめ

いつも明るく、塾親睦会でもムードメーカーである坂東先生。

教え方や塾の理念など、私が考えている北大コーチの理想と共通する部分も多く、大変勉強になりました。蛇足ですが、カーペットの色も緑で同じだったのも、何かの縁かもしれません(笑)。

北大コーチの生徒たちも目的意識を持って自発的に勉強をするのですが、ユニバーサルCAIスクールの生徒さんも、どこか似たような雰囲気を感じ。押しつけられ感の中で勉強をしていないので、自分らしさを出してどこかのびのびと、でもやるべきことは全力で集中して頑張る、そういう生徒が集まっている印象を受けました。

特に動機づけのための工夫に学ぶべきところが多く、いわゆる『モチベーター』というのは、坂東先生のような方のことを指すのだと思います。

私も年を重ねて円熟味を増した頃には、坂東先生みたいなあったかさや包容力を身に着けた、ダンディーな大人になりたいですね!

坂東先生、今日はありがとうございました。
またどこかで協力し合うタイミングもあると思いますし、学んだことはしっかり生徒たちに還元させてもらいますね!

 

 


というわけで、南平岸にあるユニバーサルCAIスクールの坂東先生でした。

中学校では、中の島中・陵陽中・平岸中・柏中などが校区です。
お近くにお住まいの方は、ぜひ勉強の相談をしてみてはいかがでしょうか!

 

2+

コメント