一日の学習の流れ

[STEP1]学習内容の相談からスタート

塾での勉強の進み具合や、学校の授業の様子を確認し、学習内容をアドバイス。試験日から逆算して、いつまでに何をやるべきか、生徒にしっかり意識させます。

また一方的に決めず、生徒自身にも何を勉強すべきか、考えさせます。

@1相談

[STEP2]一人ひとり、個別に勉強

@2一人ひとり.jpg
生徒それぞれ、勉強の内容も違えば、進みも違ってきます。自分の理解度や学習ペースに合わせながら、目的意識を持って勉強します。

[解説→問題→見直し→確認テスト]と、手を動かせば無理なく進められる学習システム。自分で考える姿勢を大切にしながら、学習を進めます。

[STEP3]わからないところは、一緒に解決

解答が読み取れないのか、教科書を調べ足りないのか、前の単元から理解が浅いのか。

わからないところが出てきたら、理解できなかった原因を一緒に考えます。ただ答えを教えるのではなく、問題を解決するための勉強方法にも踏みアドバイスします。

@3質問

[STEP4]一日の終わりに学習の記録

@4記録
一日の終わりに、学習の記録を書き残します。何を勉強したのか、何が課題だったのか振り返り、次の勉強に活かすようにします。

また内容は必ず講師が目を通し、コメントを書くようにしています。

[STEP5]次回は宿題のチェックから

学習進度表に合わせて、課題のワークを解いてきてもらいます。家庭学習などで進めたら、講師がチェックします。

期日に間に合わない時は教室でも解き、進度が遅れないように学習ペースを調整します。

@5宿題