2019年北星女子中高/高校の学校説明会に参加してきました!

0

 

塾対象の学校説明会が続きます。
本日は、北星女子中高/高校の学校説明会に参加してきました!

中高一貫校と、高校、両方募集している北星女子さん。
聞いてきたことをまたシェアしていきます!

北星女子中高一貫について

2019年度の入試結果

【受験者数】109名
【合格者】94名
【入学者】70名

合格者平均点

【4科受験】168.5 【3科受験】187.3 【2科受験】94.0

【国語】57.0 【算数】50.4 【英語】66.7
【社会】26.0 【理科】32.4

※国算英:100点満点 社理:50点満点

合格者の最高点・最低点

合格者最高点

【4科受験】249 【3科受験】242 【2科受験】173

【国語】85 【算数】90 【英語】94
【社会】42 【理科】44

合格者最低点

【4科受験】104 【3科受験】123 【2科受験】68

【国語】26 【算数】20 【英語】46
【社会】11 【理科】12

2020年度 入試要項

【募集定員】
120名

【入試日程】
出願期間:2019年12月9日(月)〜2020年1月6日(月)
試験日:2020年1月9日(木)
合格発表:2020年1月10日(金)

【試験科目】
2科受験:国語・算数
3科受験:国語・算数・英語
4科受験:国語・算数・社会・理科

【試験時間と配点】
国語・算数:各45分、100点満点
英語:60分程度、100点満点
社会・理科:各30分、50点満点

2019年大学合格実績

小樽商科大学 商学部 3名
青山学院大学 地球社会共生学部 1名
天使大学 看護栄養学部 2名
北星学園大学 文学部 1名
北海道大学 医学部保健学科 1名
多摩美術大学 美術学部 1名
など

 

北星女子高校について

2019年度の入試結果

・Highコース 33名【一般18名(出願84名)、専願3名、推薦12名】
・Coreコース 46名【一般17名(出願61名)、専願22名、推薦7名】
・英語科 53名【一般17名(出願76名)、専願18名、推薦18名】
・音楽科 7名【一般2名(出願6名)、専願2名、推薦3名】

合格者平均点

・Highコース 305.1点
・Coreコース 227.5点
・英語科 302.7点
・音楽科 313.8点

2020年度 入試要項

【募集定員】
・普通科Highコース 40名
・普通科Coreコース 110名
・英語科 70名
・音楽科 30名

【入試日程】
<推薦、専願>
試験日:2020年1月18日(土)
合格発表:2020年1月20日(月)

<一般>
試験日:2020年2月21日(金)
合格発表:2020年2月27日(木)

【試験科目】
2科受験:国語・算数
3科受験:国語・算数・英語
4科受験:国語・算数・社会・理科

【試験時間と配点】
国語・算数:各45分、100点満点
英語:60分程度、100点満点
社会・理科:各30分、50点満点

2019年合格実績

<普通科>
北星学園大学 経済学部 4名
北海道文教大学 人間科学部 3名
明治学院大学 心理学部 1名
都留文科大学 文学部 1名
帯広畜産大学 畜産学部 1名
北星学園大学 社会福祉学部 4名 など

<英語科>
同志社大学 経済学部 1名
立教大学 異文化コミュニケーション学部 1名
北星学園大学 文学部 4名 など

<音楽科>
武蔵野音楽大学 音楽部 2名
国立音楽大学 音楽部 1名
札幌大谷大学 芸術学部 2名 など

 

学校説明会に参加して…

創成高校に比べると…

すいません、なんだかデータ編みたいになって見る人にとってはつまらない内容になっていますが…。

入試に関する資料しか配布されず、スライドで流れていく学校の取り組み。流石にメモが取りきれず…。私の資料が抜けていたのかな?周りの人はみんな持っていませんでしたが…。

大学合格実績も正直読みにくく、語尾に「など」とつけたのもその影響で。集計表が2つに分かれていて間違いを書くわけにもいかず、読み取れたことだけ書いておきました。

創成高校さんの学校説明会が素晴らしかっただけに、比べるものではないのですが、お伝えしたいと思う内容も少なく…。入試データは読めばわかりますから、「私の知りたいところはそこじゃなかった!」というのがホンネです、スイマセン…。

生徒さんのプレゼンや英語が凄かった!

私が「いいな!」と思ったのが、生徒さんの発表です。多少、無茶ブリな感じでヒヤヒヤした場面もありましたが、それもリアルということで面白かった(笑)。

まず中高一貫の生徒さんが、「ファストファッション」についてのプレゼン発表。この年齢でこれだけの資料を作り上げて、堂々と発表できるなんて大したものです!

次に高校の英語科の生徒さん。教頭先生が英語で質問して、それに英語で答える生徒たち。私の耳には、少しばかりの単語しか聞き取れず、凄いな〜と感心してしまいました。

北星女子の強みは英語だと思うのですが「私が親だったら?」と考えてみると、英語を話せるようになることよりも、英語を使ってどのようなことができるようになるか、それが学校に求める成長かと。その一端が感じられました!

なんか雰囲気が好きな学校です!

合格実績とか見せ方とかはピンとこなかったところもあるのですが、私は何だかこの学校が好きです。

藤女子が「清楚で凛と」しているイメージだとしたら、北星女子は「明るく朗らか」なイメージ。あくまでも私の主観ですよ!

自分の意思をもって、自分のやりたいことを思う存分チャレンジできる、そんな学校なのではないかな〜と。生徒の発表からも感じ、説明会の内容からも感じ。「受験競争を勝ちまっせ!」という100%勉強に触れた一貫校・高校ではないのですが、どこか人の成長につながる大事なものをつかんでいる学校なのではないかと。

あとはそれが時代のニーズと合致するかですね。頑張ってほしい学校の一つです!

 


またまた学習室アドバンスの阿部先生札幌エリート塾の高塚先生にお会いしまして、お話しさせてもらいました。皆さん、熱心なことで…!

そしてハローキッズの池上先生にもご挨拶させていただいて、なんと息子さんが私の学友でテニスのダブルスの長年のパートナーという間柄で…(笑)。勝手に今度、英語教育のHowToを学ばせてもらいに伺いたいと考えています!

今期は他の説明会も参加するのかな?またシェアさせていただきますね。

 

0

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

個別指導北大コーチの教室長。塾や勉強のことを、日々更新していきます。塾講師歴は10年超、勉強のやり方から入試のことまで、なんでも聞いてください!札幌生まれ札幌育ち、テニスとコーヒーが趣味の、子育て父さんでもあります。