7月26日〜8月9日は講習会日程となっております。8月10.11日は道コンです。

【2019年度北海道公立高校入試】出願状況│最終倍率ランキング

勉強お役立ち
0

本日2月13日、2019年度北海道公立高校入試の出願変更について、最終的な倍率が発表されました。前回は中間発表を記事にまとめましたが、今回も最終発表をランキングとしてお伝えいたします!

※倍率が1.0以下の高校は除きました
※【石狩】【札幌市】の学区のみ掲載

↓出願変更後の倍率はコチラから↓

 

北海道倍率高校ランキング

倍率1.6

高校名 昨年の倍率 今年の中間倍率 今年の最終倍率
1.5 1.8 1.6
西 1.5 1.7 1.6 
国際情報 1.4 2.0 1.6
啓成(理数) 1.6 1.6 1.6

中間倍率が高かった高校も、最大1.6で落ち着きました。

東・西・国際は、北高の数学・英語の傾斜配点を避けて倍率が高くなったように感じます。特に数学の影響が大きいと考えられ、「裁量問題の数学が圧倒的に得点しにくい」という出題傾向が変わらない限り、同様の傾向が来年以降も続くように思えます。

倍率1.5

高校名 昨年の倍率 今年の中間倍率 今年の最終倍率
月寒 1.3 1.4 1.5
旭丘 1.5 1.5 1.5
平岸 1.7 1.4 1.5
新川 1.4 1.7 1.5

当初は倍率が1.7もあった新川高校ですが、1.5で落ち着きました。高い倍率を避けて、手稲や平岸あたりに移ったことも予想されます。

月寒は、中間倍率から0.1上がって、倍率が1.5となりました。東の高倍率を避けた影響が大きいと思われます。例年よりも、厳し目にボーダーラインを見ておいて方が良さそうです。

倍率1.3

高校名 昨年の倍率 今年の中間倍率 今年の最終倍率
1.3 1.4 1.3
1.2 1.3 1.3
英藍 1.2 1.4 1.3
北広島 1.3 1.2 1.3
平岸(デザイン) 1.4 1.3 1.3

英藍が中間倍率の時点では、昨年+0.2の倍率1.4となっていましたが、最終的には1.3で落ち着きました。当初に比べると、ボーダーラインへの影響は少ないと思われます。

南北高校ともに倍率1.3と例年通りなので、昨年同様に、ランクよりも当日点の方が合否に大きく影響しそうです。(詳しくはコチラをご覧ください)

倍率1.2

高校名 昨年の倍率 今年の中間倍率 今年の最終倍率
啓成 1.1 1.3 1.2
北陵 1.2 1.2 1.2
白石 1.3 1.1 1.2
真栄 1.2 1.2 1.2
石狩南 1.3 1.1 1.2
藻岩 1.2 1.2 1.2
清田 1.2 1.2 1.2
清田(グローバル) 1.5 1.1 1.2
千歳 1.1 1.2 1.2
恵庭南 1.1 1.2 1.2

石狩南や白石高校が+0.1上がっており、倍率の影響で上の高校から下りてきたと予想されます。少し余裕をもって目標点を考えておきたいところです。

倍率1.1

高校名 昨年の倍率 今年の中間倍率 今年の最終倍率
手稲 1.2 1.0 1.1
稲雲 1.1 1.0 1.1
平岡 1.2 1.1 1.1
国際情報(国際文化) 1.7 1.1 1.1

国際情報の国際文化が、昨年と比べ-0.6と大幅に下がりました。その他の高校は、例年と変わらない倍率となっています。

 

 


以上です。

倍率が確定したので、あとは3月5日の入試本番に向けて全力を尽くすだけですね。
受験生の皆さん、頑張ってください!

0

コメント